ヒゲ・髭を薄くする方法

ヒゲ(髭)を薄くする方法って…あるの?

方法@:日焼けをする

根本的な解決ではなく、見た目の解決ですが、日焼けをしてヒゲ目立たなくする方法です。 スポーツ焼けをすれば、青ひげは目立たずにすみますが、反面、日焼けが取れてくれば効果はそれまでです。

方法A:サプリメントの摂取でヒゲを抑える

サプリメントを飲んでヒゲが薄くなる方法があります。体質に合う合わないの問題もありますし、一番懸念されるのが副作用です。 そのようなサプリメントは男性ホルモンの働きを抑制する成分が配合されていることも多く、 体調に支障がきたしたり、男性自身への影響もありますのでオススメはできません。

方法B:抑毛ローションを使う

実は、当初、私もメンズエステというものに抵抗があったので、「ヒゲ脱毛」の前に、市販されている「ヒゲの抑毛剤」を試してみました(苦笑)。

個人差はあると思いますが、正直言って、私の場合は効果が得られませんでした・・・。

購入したその抑毛剤(5〜6千円したと思います)は大豆イソフラボンが配合されていて、かなり売れてる商品だったのですがダメでしたね。 ただ、ひげそり後に肌があれることがあったのですが、それは改善されました(それなら普通のローションで十分かも…)。

ただ、左の写真の抑毛ローションは楽天の男性化粧品ランキングで1位を獲ったヒゲ専用の抑毛ローションで、評判も良いようです。 抑毛ローションはいろいろと市販されていますが、ヒゲに特化した商品は少ないのが現状です。 まずは気軽に始めるならこれを試してみるのもいいかもしれませんね。

→→ ヒゲ専用の抑毛ローションで1番人気の商品の詳細


方法C:家庭用脱毛器を使う

私もそうなんですが、男性としては”エステサロン”って、体験に行くもの少し躊躇してしまう部分もありますよね。 値段はもちろんですが、「エステサロンに行くこと自体ハードルが高い」と思っている男性は少なくないようです。

そんな男性たちに今、人気が出ているのが家庭用の脱毛器です。

脱毛器というと、女性専用のように思う人もいますが、男性のヒゲ脱毛もできてしまう脱毛器もあります。

こちらの家庭用脱毛器「ケノン(KE-NON)」は男性のヒゲにも使えるタイプの脱毛器。しかも、サロンで採用されているフラッシュ脱毛式で効果もエステサロンと同等なんです。

つまり、ヒゲを薄くする・・・というよりは、完全に脱毛が可能ということですね。もちろん回数や光を当てる位置を調節することで、デザインしながらの脱毛もできてしまいます。

そして、何といっても、サロンに通う必要がないという点が人気の理由。

サロンに通うとなると、まずは予約の手配から始まり、サロンに向かうまでの時間や待ち時間などで半日はつぶれるのを覚悟しなければいけません。さらに、脱毛コースは体験はお手頃な価格でも、実際に通うとなると高額になることも多いのが現実です。

エステ脱毛に抵抗のある男性でも、仕事で忙しい男性でも空いた時間誰にも知られずに、脱毛ができてしまうのが「イーモリジュ」なんです。

脱毛に抵抗がないのであれば、サロンでの脱毛よりも、「ケノン(KE-NON)」を使った自分脱毛の方が経済的にも時間的にも余裕をもって続けられるといえるでしょう。

楽天脱毛器ランキングで200週連続1位に輝いたイーモリジュの改新版の「ケノン(KE-NON)」は発売からわずか3日で楽天家電ランキング1位になったそうです、この人気が効果の高さを物語っていますね。

もちろん、ヒゲは太い毛が多いので、若干の痛みはありますが、それはサロンでも同じことです。付属の保冷剤で冷やしながら脱毛すればほとんど傷みはありません。


→→ 男の脱毛も自宅で簡単にできるケノン(KE-NON)とは・・・